江戸川区について

江戸川区の地名は、区の東側を南北に流れる江戸川がもとになっています。
はじめは区名として区内の地名である「松江区」が検討されていましたが、区内以外で松江の名前があまり知られていなかったことと、区名としてふさわしくないと反対する町村が出たことから、区の東端を流れる江戸川に因み「江戸川区」と命名されたそうです。

その江戸川区内が初めて歴史に現れるのは、正倉院に残る正倉院文書に残る戸籍に記された甲和(こうわ)里という地名です。これは現在の江戸川区の小岩に当たるとされています。
当時は周りは広大な湿地帯地域で、現在の区北部以外はほとんど居住者のいない場所であったと考えられる。

江戸川区内にはさまざまな特産品があることで有名です。

なかでも小松菜(コマツナ)は江戸川区が発祥の地として知られています。
江戸時代に現在の江戸川区小松川で八代将軍の吉宗が鷹狩りの際、見たことのない菜入りの汁を食し、「小松菜」と命名したことが名前の由来となっています。
現在では家庭用の野菜としてだけでなく小松菜アイスや小松菜そばといった小松菜を使った郷土料理が区内で売られるようにまでなっています。

また朝顔の栽培が盛んなことでも有名で、入谷で毎年開催される朝顔市では出荷される朝顔の7割ほどが江戸川区産の朝顔だということです。

位置としては東京23区の東部に位置する区であり、東京23区内では最東端の自治体にあたります。また、23区内で最も住民の平均年齢が低く、そのことも反映して出生率なども23区内で最も高い数値となっています。

江戸川区では東西方向の鉄道交通が発達しているものの、南北方向の移動手段が発達しておらず、隣接する葛飾区・浦安市などと共通の課題となっています。

このように交通手段が限られた地域では尾行や追跡などの条件が厳しくなることが多いです。
そのような厳しい条件でも確実にミッションをこなせる高い能力がある探偵社に依頼することが成功への鍵となってきます。

探偵屋さんの気楽なブログ